ニキビケア情報サイト

にきび治す方法.com

未分類

背中ニキビの正しいスキンケア方法とは?

更新日:

洗い方

 

・こんな洗い方はダメ!

まずはおすすめ出来ない洗い方をご紹介します。

市販されているナイロンタオルですが、洗い上りがサッパリすることから好んで使っている方が少なくありません。肌の汚れや垢をしっかり洗えるのでいいと感じているようですが、実はナイロンは化学繊維なので肌表面に傷をつけてしまいます。

そのため、本来は肌を保護する必要のある皮脂まで洗い落としてしまうので、肌表面の抵抗力が弱ってしまうのです。これが原因となりちょっとした刺激でも肌がすぐに反応します。背中ニキビが出来る理由のひとつとして、肌を守る皮脂がなくなり無防備になったことからアクネ菌が肌表面にどんどん広がってしまうのです。

・石鹸の洗い残しもダメ!

シャワーでしっかり洗い流しているつもりでも、洗い残しが残っているケースが多いのも毛穴ニキビが出来てしまう要因になっています。

一番気づきにくいのがシャンプーの洗い残しです

シャンプーをすると頭にばかり意識が集中しますが、実は背中のほうにシャンプーの泡が少しずつ垂れています。それに気づかずに頭だけシャワーで洗い流せばどうなるでしょうか。背中にべったり汚れが付いたままの状態になります。背中ニキビが出来るのは必然なのです。

・洗うときはたっぷりの泡を使って洗うこと

洗顔するときに洗顔料をたっぷり泡立てるのは、肌表面に傷をつけないためだけでなく、必要な潤いを逃さないためにも必要なことです。これと同じことが背中にも言えます。

ひとつはたっぷりの泡で背中の肌表面を傷つけないこと、もうひとつはたくさんの泡で汚れをしっかり落とすこと、最後に必要な潤いをキープすること、これらが背中ニキビを作らないために必要なことです。

また、体は本来、「手で洗ったほうがいい」と言われています。

洗い心地がサッパリしないためスッキリしないと思うかもしれませんが、手で優しく泡を転がすだけでも十分に汚れを落とすことが出来ます。ただし、手が届かない場所もありますから、その場合はシルクやコットン素材でできたタオルやブラシを使うようにしてください。または、赤ちゃんの沐浴に使われている海綿(かいめん)もいいです。お肌のケアに取り入れている女性も増えてきたオススメアイテムです。

すでにできてしまった背中ニキビを刺激しないこと、肌表面を守るためにもぜひ覚えておいてください。

保湿の仕方

・使う石鹸を見直そう

普段体を洗うときに何を使っていますか? 多くの方はボディソープを使っているでしょう。もちろん様々なボディソープの中には香りがいいものもたくさんあり、匂いにこだわりたいという方にしてみれば当たり前のように使っていることでしょう。

ところが、このボディソープに問題があるケースが少なくありません。

なぜなら、ボディソープはたっぷり泡立てるために界面活性剤が使われていることがあるためです。界面活性剤はモコモコとした泡を作ってくれる効果はあるものの、実は洗浄力が強すぎるというデメリットがあります。そのため、お肌ケアに必要な潤いまで洗い流してしまい乾燥肌が誕生します。

潤いがなくなり敏感になった肌はニキビができやすい状態です。そんな肌状態の時はボディーソープの代わりに通常の固形石鹸を使ってください。ほとんどの石鹸に界面活性剤は含まれていません。まれに界面活性剤が含まれている石鹸があるので、念のために裏の成分表を確認してから購入しましょう。

・保湿ケアに何を使ったらいいのか

保湿成分と言ってもなかなか見極めが難しいかもしれません。背中ニキビを出来にくくすること、今できてしまった背中ニキビを治すことを目的として選んだほうがいいとされるのはやはり無添加です。

お肌ケアをするときにいい香りのするものはリラックス効果があるので魅力的ですが、その香料となっているものは肌に刺激のある成分として知られています。背中ニキビが治るまでは香料のあるものは避けた方がよいでしょう。

無添加のほかにも敏感肌用につくられた低刺激タイプのスキンケア用品はどんなタイプの肌質にも合います。

ニキビというと脂を洗い流したくなり、さっぱりするタイプのスキンケア用品を選びがちな方が多いですが、ニキビの原因は乾燥による肌トラブルです。出来るだけ刺激の少ないもの、敏感肌の方でも安心して使えるタイプを選んでください。

保湿剤として油分が含まれているタイプもありますが、必要なのは保湿なので油分が含まれているタイプは避けるようにしましょう。

・保湿ケアで背中ニキビが悪化?

せっかくケアを始めたのに背中ニキビが悪化したという声もありますがご安心ください。肌質に合うもの、低刺激なもの、無添加タイプのスキンケア用品を使っているのにニキビがひどくなったり新しくできてしまうことがあります。

これは正しい保湿が行われたことによってターンオーバー(お肌の生まれ変わり)が正しく行われているという状態です。肌の奥に隠れて潜んでいたニキビが出てきた状態なので、そのニキビが治れば健康な肌に生まれ変わります。

何もケアをしなければ潜んでいたニキビが出来たあとに、さらにまた新たなニキビが肌の奥に潜んでいたかもしれないと思うと、正しい保湿ケアを初めてよかったと改めて感じることでしょう。

紫外線対策

・日焼け止めで背中ニキビが治るという噂はウソ!

世の中にはどうしてそんな噂が広まったのか不思議な話がいくつもあります。

背中ニキビは日焼けをすると治るという噂もまったくのウソですが、なぜかいまだにまだ広まりつつあるので注意が必要です。どうしてこんな噂が広まったのかというと、紫外線に当てればニキビ菌が殺菌される、日焼けすれば皮膚が剥けるのでニキビの跡がきれいになくなる、日に焼けることで色黒になりニキビが目立たなくなるなどという、思わず信じてしまいそうになるような内容だったためです。

もちろんこれらはウソですから実践しないようにしてください

顔や手の甲、デコルテなどの日焼け止めと同様に、背中にも紫外線対策が必要です。普段は洋服を着ているので大丈夫ですが、海やプールなどに行くときは水着になるので、そのときは必ず日焼け止めをしっかり塗りましょう。

・紫外線がどう影響するのか

なぜ紫外線が背中ニキビに影響するのか、毎日フェイスケアをしている方ならすでにご存じかもしれませんが、紫外線を浴びたとき、人間の体の中ではメラニンが生成されます。このメラニンはシミを作る要因になるため一年を通して紫外線対策をしている方が年々増えてきたのです。

これだけではありません。紫外線はメラニンのほかに活性酸素を体内に作り出しますが、この活性酸素は体を酸化させてしまいます。体が酸化することはイコール老化することに繋がります。

普段から日焼けをしている方の肌表面が実年齢よりも老けて見えるのはそのためなのです。実はこの活性酸素、毛穴の中の汚れも酸化させることが分かっています。毛穴の汚れが酸化すると、それが原因となりニキビになります。

・紫外線予防対策は必須

ここまでの話からも背中ニキビ対策に日焼け止めが必要なことはお分かりいただけたことでしょう。

紫外線予防対策として取り入れたいのは、やはり日焼け止めクリームです。

最近はUVカット効果のあるタイプはもちろんのこと、肌に負担がかからないタイプも発売されています。ただし、日焼け止めクリームを選ぶ際に、出来るだけUV効果を高めたい場合はPAやSPFなどの数字やプラスが高ければ高いほど比例して日焼け止めの効果も高くなります。

普段の外出なら低くても問題ありませんが、海やプールなど強い紫外線を浴びるときは出来るだけ数値が高いものを選びましょう。また、汗などで日焼け止めクリームが流れてしまうこともあるので、現地に持参してこまめに塗るように心がけましょう。

スキンケアアイテムの選び方

・背中ニキビに炎症がある場合

炎症したり、化膿してしまった場合は化粧品でのスキンケアはいったんお休みして薬を使うか皮膚科専門医を受診しましょう。

・お手入れは簡単なほうがいいという場合

背中ニキビケアは毎日続けることで効果をもたらしますが、毎日のことだからこそできるだけ手を抜きたいというのも本音ではないでしょうか。

そんなときは、ヒアルロン酸にこだわってみてください。高分子ヒアルロン酸と、低分子オリゴヒアルロン酸、この二つがダブルで配合されている場合、肌の奥深い深層部に潤いを与えつつ、肌表面にも潤いベールを作ります。肌の乾燥を手早く防ぐことが出来るので、成分表に高分子ヒアルロン酸、低分子オリゴヒアルロン酸と明記されているタイプを選びましょう。

・背中ニキビが痛くてかゆい場合

背中ニキビが痛くてかゆい状態は、背中ニキビが悪化している証拠です。この場合も一日も早く皮膚科専門医を受診した方がよいでしょう。抗生物質を使って治したほうがいいケースがほとんどなので、医療の力を借りましょう。

・背中以外にも使いたい場合

せっかく背中ニキビケアを始めるのなら、全身ケアとして取り入れたいという方もいることでしょう。

そんなときは「肌のキメを整える成分」「肌表面をきれいにする成分」「肌に保湿を与える成分」この三つにこだわって選んでみましょう。肌表面が汚いままケアをしても必要な美容成分が浸透しません。いくら効果のあるアイテムを使っても効果が表れないという場合、肌の汚れが残ったままというケースが少なくないのです。

まずは肌表面を綺麗にすること、次にニキビに効果的なスキンケアアイテムを丹念に塗っていきましょう。全身に使う場合は手早く済ませたい方も多いと思います。その場合、チューブタイプだと使いやすいです。スキンケアアイテムを選ぶときは容器にもこだわるようにしましょう。

まとめ

・背中ニキビをスキンケアで治せるのか
結論から言うと、背中ニキビはスキンケアで治すことは出来ます。ただし、たった今ケアしたからといってその日に背中ニキビがきれいになるわけではありません。

フェイスケアを続けているとお分かりかもしれませんが、スキンケアは毎日の積み重ねで肌状態が徐々に整っていくものなのです。背中ニキビも同様に、毎日ケアを継続させることで結果的にニキビが治ってきれいな背中に蘇ります。すぐに効果が出ないことから途中でケアを断念する方もいますが、これはとてももったいないことです。

肌は正直ですから、毎日ケアを続ければ必ず答えてくれます。諦めずにフェイスケア同様、毎日コツコツケアを重ねていきましょう。

・肌に優しいタイプのケア用品が増えてきた
昔に比べると色々な種類のケア用品が発売されるようになりました。これは時代の流れとともに敏感肌の方が増えてきたことも要因のひとつになっています。そのため刺激の強い成分が含まれていないスキンケア用品が多くなりました。肌ダメージが少ない分、確かに即効性は感じられないものの安全な状態で毎日ケアを継続できるので、肌トラブルが少ないのも現状です。

どうしても肌状態の変化を感じたい場合は、全身鏡に背中を映してスマホなどで写真に撮っておくといいかもしれません。もちろん誰かに見せるものではなく、あくまでも記録用です。これなら少しずつ肌の変化を確認できますし、確認できたことで毎日のケアが楽しくなってくるはずです。写真を撮った日付を記録して、背中ニキビ日記として記録してみましょう。

・肌の再生力を信じよう
もともと私たち人間には再生力があります。肌にももちろんこの再生力があるので、先ほど話したように無添加などで肌に刺激のないタイプのスキンケアでもじゅうぶんに背中ニキビに効果があらわれます。

肌の再生力とは、肌が自ら健康になろうという働きです。その働きを手助けするスキンケアと解釈すると分かりやすいかもしれません。特に植物由来成分や和漢などの成分が増えているのは、この再生力を高めるためと言われています。根本的な治療が続くため、結果的にニキビの元ができにくくなるので、いまの背中ニキビがきれいに治るだけでなく、背中ニキビが出来にくい肌状態に生まれ変わることが可能になります。

ニキビの再発ほどがっかりすることはありませんから、自分の肌質に合うタイプのスキンケアに出会い、毎日肌の再生力を手助けしてあげましょう。

-未分類

Copyright© にきび治す方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.