ニキビケア情報サイト

にきび治す方法.com

未分類

なぜ背中ニキビができる? 意外と多い背中ニキビの原因

投稿日:

背中ニキビができる理由は1つではなく、色々な原因があります。
その原因は絶対に避ける事が出来ないので、背中ニキビを防ぐには、原因となるものを管理をすることが必要になってきます。

【背中ニキビができる原因】

背中ニキビができる原因は、菌、刺激、皮脂、汚れ、ホルモンバランス等が関係します。
基本的には菌や背中に残った汚れが原因になりますが、体調などによって背中の皮膚への刺激や体内のホルモンバランスの変化によっても背中ニキビはできてしまいます。

背中ニキビは、原因に応じて対策と治療をしないと、何度も何度も繰り返してしまうとても厄介なものです。

[背中ニキビの原因菌がある]

ニキビには原因菌となるものが2種類あり、ニキビができる場所によって変わります。
顔にできるものはアクネ菌が原因である事が多く、これはよく知られている事です。

ニキビは菌の異常増殖が原因の皮膚の病気、つまり皮膚疾患です。
背中ニキビの場合は「マラセチア菌」というものが原因で、これは人間の体に
必ずついている常在菌の一種です。
ニキビは原因菌によって病気としての呼び方が変わり、背中ニキビの多くはマラセチア菌を原因とするマラセチア毛包炎と言われます。

ただし、背中ニキビは顔ニキビの原因であるアクネ菌によっても起こるので背中ニキビが必ずしもマラセチア毛包炎であるとは限りません

マラセチア菌が原因である場合と、アクネ菌が原因であるニキビはある程度見分けがつきます。
マラセチア菌の場合は毛穴の先が白く、また膨れるのが特徴です。
ただし、必ずしもこの特徴を持っているわけではないので、素人判断は避けてください。

<マラセチア菌の正体>

マラセチア菌は人間の身体に必ず存在する常在菌の中の1つで、これはどんなに身体を洗っても必ず皮膚表面にいます。
カビ、または真菌といわれるもので、肌に存在する常在菌としては皮膚疾患の原因となる悪玉菌です。
ただし、正常な皮膚環境であればマラセチア菌は皮膚の病気を起こすことはありません。

マラセチア菌にはいくつかの種類があり、その中でもMalassezia furfurと言われるものが毛穴に入り込むと、免疫が反応してニキビができます。

マラセチア菌はどの種類でも背中ニキビの原因になりますが何らかの形で引き金を引かないと背中ニキビの原因にはなりません、

・マラセチア菌が増える引き金

マラセチア菌は真菌といわれる菌で、熱や一般的な殺菌剤に対して抵抗力を持っています。
アルカリには弱いので漂白剤などを使えば死滅しますが、オキシドールやアルコール消毒では死滅することがありません。

皮膚には沢山の常在菌が存在しバランスを保っていますが、バランスが保たれている皮膚を過剰に消毒してしまうと、消毒剤では死ににくいマラセチア菌が増殖して毛穴に入り込む事があります。
これが背中ニキビの原因の1つです。

また、皮膚の常在菌バランスは日々の生活リズムや体調で変化するので、不摂生な生活をしていると常在菌のバランスが崩れてしまい、背中ニキビができやすく、また治りにくいといった事が起こります。

[汚れやシャンプー、リンスなども背中ニキビを作る]

ニキビは汚れによっても出来てしまいます。

背中ニキビの場合は、背中をよく洗っていなかったり、石鹸分が残ってしまうことが原因になりやすく、気をつけていてもなぜか背中ニキビが出来ていたという事も。

背中は人間にとって洗いにくい場所なので。自分ではよく洗ったつもりでも汚れが残っている事があります。
また、盲点となりやすいのがシャンプーやリンス、トリートメントなどで、髪をすすぐ時に背中に成分が流れてきて、そのまま皮膚に残ると、背中ニキビができる原因になってしまいます。

シャンプーやリンスなどの成分は、皮膚にとっては毛穴を塞いでしまうものでしかありません。

シャンプーやリンス等で塞がれた毛穴に、マラセチア菌やアクネ菌が入っているとそこが炎症して背中ニキビが出来上がります。シャンプーやリンス、トリートメント以外にも、石鹸、ボディーソープのすすぎ残しも同じように背中ニキビの原因です。

[ストレスで出来る背中ニキビ]

ニキビはストレスによっても出来ることがありますが、これは背中ニキビでも同じです。
強いストレスを長い時間受けていると、体内で色々なことが起こります。

その中でも背中ニキビに直結するのがホルモンバランスの崩壊です。
男性ホルモンや女性ホルモンなど、人間の活動に関係するホルモンが正常に働かなくなったり、分泌が多くなったり、少なくなったりして身体に変調を起こします。

すると、肌にも異変が起こり背中ニキビの原因になる事も。
これは決して背中ニキビの原因としては珍しいものではありません。

<女性の場合は生理周期の影響が原因になることも>

女性の場合、生理や妊娠、出産も背中ニキビの原因です。
生理不順等が長く続く、生理の始まりと終わりが近くなると、体内のホルモンバランスの影響で肌の状態も悪化することがあり、背中ニキビを引き起こすことがあります。

また、閉経前後や妊娠、出産前後もホルモンバランスが変化するので、背中ニキビが出来やすくなる事があります。

[外因性の刺激でも背中ニキビはできる]

外因性の刺激とは、肌に服などが触れて起こる刺激のことです。
基本的には服や下着が原因ですが、日光や水なども刺激の原因になるので季節や環境によっては服や下着以外でも外因性刺激はあります。

長期間皮膚の刺激が続いたりすると、刺激を受けていた部分がニキビになることがあり気付くと多くの背中ニキビが出来てしまう事もあります。

背中はふだん気にすることはありませんが、体の中でも特に刺激を受けやすい部分です。
化学繊維など、硬めの布は想像以上に刺激が強く、強い刺激により角質が剥がれ、それが毛穴に詰まってしまいニキビになります。

体調次第では刺激そのものが背中ニキビの原因になることもあり、決して軽く考えてはいけない原因です。

<外因性刺激で出来る背中ニキビは秋から冬に注意>

外因性刺激が原因で出来る背中ニキビは、空気が乾燥する秋から冬にかけてが要注意です。
肌が乾燥しやすくなる為、肌の持つバリア機能も落ちて布と皮膚の摩擦がより強くなり、背中ニキビの原因となります。

また、夏場もエアコンなどで肌が乾燥するので、エアコンの入った室内に長く居ると外因性刺激により背中ニキビができる事もあります。

[背中特有の問題でも背中ニキビができる]

背中ニキビができるのは、背中が元々ニキビができやすい部分であることも関係しています。

背中は身体のなかでも、最も毛穴が多い部分の1つです

夏の暑い時期に、背中にびっしょりと汗をかくのはこの毛穴の多さが理由になっています。ニキビは毛穴が化膿する事で出来るので、毛穴がないとニキビはできません。
毛穴の多さはそのままニキビの出来やすさになるので、特に背中にはニキビが出来やすいのです。

さらに毛穴が多いという事は、それだけ皮脂も沢山分泌されるという事です。
皮脂があまりに多いと、皮膚にある汚れや雑菌を巻き込んで毛穴に入り込む事があります。
汚れや皮脂はマラセチア菌やアクネ菌を増やしてしまうので、毛穴が炎症を起こして背中ニキビの出来上がりです。

【背中ニキビの原因は沢山ある】

背中ニキビの原因はかなり多く、刺激などによる外因的なもの、ホルモンバランス等による内因的なものの2つのパターンが存在し、それぞれに細かい原因があります。

背中ニキビが出来た原因は、そのまま背中ニキビの治療方法にも役立つので、背中ニキビが出来たら原因の特定をしないと治療出来ないケースもあります。

基本的には背中ニキビと言えば多くがマラセチア菌を原因とするので、抗真菌薬と言われる軟膏や内服薬を飲めばだんだんと収まっていきます。

ただ、原因がアクネ菌等の場合は他の方法で治療しないと治りが悪いので、背中ニキビの原因はとても大事な情報です。

<背中ニキビの治療は出来る限り病院で>

背中ニキビの治療は、市販薬でも可能です。
しかし、原因によって治療方法が違うので、市販薬は時に背中ニキビを悪化させる事あります。

皮膚科で治療を受ければ、原因の特定と治療、再発防止がセットで出来るので背中ニキビは出来る限り皮膚科で治療をした方が確実です。

【背中ニキビはどうして出来るのか? まとめ】

  • マラセチア菌というカビの一種によるもの
  • 顔ニキビの原因菌であるアクネ菌も原因になる
  • 服や下着、その他環境の刺激
  • 不摂生や生理、妊娠、出産などによるホルモンバランスの崩壊
  • シャンプーやリンスのすすぎ残し
  • 背中の汚れや皮脂

-未分類

Copyright© にきび治す方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.