ニキビケア情報サイト

にきび治す方法.com

未分類

背中ニキビで悩む人が実践するべき正しいスキンケア方法とは

投稿日:

背中ニキビで悩む人は、洗い方と保湿、紫外線ケア、そしてスキンケアアイテムの選び方を見直しましょう。背中は優しく泡で洗い、水分と油分のバランスに気を付けましょう。そして、ニキビに特化したスキンケアアイテムを肌の状態に合わせて使い分けることが重要です。

1.ニキビができた背中の正しい洗い方

[背中ニキビの原因は洗い方にある?]

体の中でも、背中は特に手が届きにくく、最も洗いにくい部分です。そのため、どうしても洗い残しがあったり、逆にタオルやボディブラシでゴシゴシ擦りすぎてしまったりと、トラブルが尽きない部分でもあります。背中ニキビはズバリ、洗い残しとすすぎ残し、そして擦りすぎと洗いすぎに大きな要因が潜んでいると言えます。

洗い残しやすすぎ残しがニキビの原因になるというのは言うまでもありませんが、擦りすぎと洗いすぎについては、意外と知られていません。実は、擦りすぎたり洗いすぎたりすることによって皮膚を正常に保つために必要な油分までもが取り去られてしまい、それを補おうと皮脂が過剰分泌され、ニキビの原因となることがあります。

また、擦って洗うことは毛穴の入り口を歪めてしまい、結果として毛穴の奥深くにある汚れまでは届かず、皮膚の表面だけを執拗に洗うことになります。これにより、皮膚の表面は乾燥するほど洗われているのに毛穴の中の汚れは蓄積され続け、毛穴が詰まっていくという事態が引き起こされ、ニキビ悪化へと繋がっていきます。

[背中ニキビができた時の正しい洗い方とは]

背中ニキビができた時には、患部に刺激を与えないようなるべく優しく洗うことが重要です。そのため、まずは湯船にしっかりと浸かって背中を温め、毛穴を開いておく必要があります。そうすることで、肌に負担をかけずに毛穴の奥深くの汚れまで取り除くことが可能になります。
背中を洗う時には、ナイロンなどの硬い素材のタオルやボディブラシ等の使用は避け、なるべく素手が良いのですが、手が届かない場合には綿や海綿、ヘチマなどの天然素材でなるべく柔らかい質感のタオルやスポンジを使うようにします。

最初にボディソープをしっかりと泡立てて、擦ったり圧力をかけたりするのではなく、泡だけで洗うのがポイントです。背中ニキビのある部分に泡を乗せ、そのまま泡がなくなるまで放置した後しっかりとシャワーですすぎ残しがないよう流します。この時、気を付けたいのがお湯の温度です。熱すぎると刺激になりますし、必要な皮脂まで落としてしまって逆にニキビを悪化させる原因になります。人肌程度のぬるま湯を用いるようにしましょう。

お風呂から出て体を拭く時にも、清潔なタオルで押さえるか、包み込むようにして水分を取り除きます。ここでも、擦ったり刺激を与えたりしないことが大切なポイントになります。

2.ニキビができた背中の正しい保湿の仕方

[間違った保湿は背中ニキビを悪化させる]

確かに、ニキビができてしまった肌にも保湿は必要です。よく、ニキビは乾燥させた方が良いという誤った見識を持つ人がいます。しかし、肌を健康に保ち、ターンオーバーを正常に機能させるには油分と水分のバランスが大切であり、乾燥すると肌は皮脂を過剰分泌させます。これにより、逆にニキビの悪化へと繋がるのです。

とはいえ、冬の乾燥しやすい時期に行なうように、ボディクリームや乳液をたっぷり塗り付ければ良いというわけでもありません。背中にも、Tゾーンがあります。左右の肩甲骨の上から背骨に沿った凹んだ部分です。この部分は特に皮脂量が多い部分であり、冬でもしっとりしがちです。背中ニキビができやすい箇所でもあり、ここに不必要な保湿を与えるのは間違いです。
背中ニキビの保湿で重要なのは、水分と油分のバランスです。もし、保湿剤を使用しなくても皮脂分泌が活発で常に背中がしっとりしているような人は、油分よりも水分を補うようにします。オイルフリーの化粧水を使うことをお勧めします。

それから、ニキビ肌のための保湿剤を使うことも大切です。殺菌作用や抗菌効果のあるものを選ぶようにしましょう。ただの化粧品ではなく「薬用」や「医薬部外品」の表示があるものであれば、薬事法あるいは厚生労働大臣に指定された有効成分が含まれているのでさらに効果的です。
なお、背中ニキビの保湿剤はいつでも乾燥が気になる時に塗れば良いというものではありません。肌が清潔で新陳代謝も活発化しているお風呂上りに塗るのがポイントです。

[背中ニキビのための正しい保湿方法とは]

背中ニキビができている人の保湿はお風呂から始まります。

まずは、湯船にゆっくり浸かって新陳代謝を活発化させましょう。こうすることで、お風呂上りに塗る保湿剤の浸透力が高まり、効果がより発揮されるようになりますし、毛穴が開いて奥深くに詰まった汚れも落ちやすくなります。入浴剤を利用するとさらに効果的です。
背中は保湿剤が塗りにくく、手が届かない部分もあるため、まんべんなく行きわたるスプレータイプがお勧めです。グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2k)などの抗炎症成分や、イソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)などの殺菌成分が含まれているニキビに特化した保湿剤を使いましょう。

衣服の身に着け方についても工夫が必要で、例えば冬になるとよく見かける保温インナーを直接素肌に着ると、肌の水分を奪って乾燥させます。かといって保温インナーを着てはいけないわけではありません。綿などの天然素材の肌着を着た上から重ねて保温インナーを身に付けるようにすると、肌の乾燥を防ぐことができます。

3.背中ニキビと紫外線の関係とは

[紫外線がニキビに悪い理由]

夏の強い紫外線に晒されたり、長時間紫外線に当たっていたりすると、肌が乾燥します。乾燥から肌を守るために皮脂が過剰分泌され、これがニキビの発生や悪化に繋がります。また、紫外線は活性酸素の増加や、ターンオーバーの乱れも引き起こし、これらもニキビの大敵です
背中は普段、衣服によって隠れているため、紫外線の影響は少ないと思われがちです。背中ニキビで悩む人にとっても、まさか紫外線が影響するなどとは夢にも思わないものです。

しかし、紫外線は服をも透過します。衣服によって隠れている背中も、実は年中紫外線に晒されているのです。背中ニキビに悩む人は、紫外線によるダメージも考慮に入れなければなりません。ただし、紫外線は色によって透過率が異なります。服の色の選び方次第で紫外線によるダメージを少なくすることが可能です。

[背中ニキビに悩む人が実践するべき紫外線対策]

背中ニキビに悩む人の場合、背中に日焼け止めを塗って対策するのはあまりお勧めできません。なぜなら、日焼け止め自体がニキビのできている部分には刺激となって、悪化を引き起こす可能性があるためです。
しかし、紫外線の強い国へ行く場合や、国内であっても紫外線の強い時期には、やはり衣類や日傘等だけでは十分な対策ができませんので、日焼け止めを塗る必要があります。背中ニキビが出来ている時には、紫外線吸収剤不使用のノンケミカル、オイルフリーのものを選ぶようにしましょう。

背中ニキビができている場合の主な紫外線対策は衣服や日傘によるものが中心となりますが、ここで肝心なのが色選びです。紫外線は薄い色ほど透過率が高いため、白やパステルカラーの服は避け、黒や紺を選ぶようにしましょう。どうしても薄い色を着たい場合には、黒系の日傘やストールなどでガードするのがお勧めです。

また、紫外線を浴びた後のケアも重要です。強い紫外線に晒された後は、まず背中を冷やしましょう。シャワーでは水圧が強くて逆に刺激となるので、クールタイプの化粧水や、保冷材などを使うと良いでしょう。日焼け止めを塗っている場合には、丁寧に洗い流します。

最後は、保湿です。ニキビ肌専用の化粧水をたっぷり付けて、水分を補いましょう。日焼けが強すぎて痛みを感じるような場合には、消炎作用のある軟膏やアロエジェルを塗ります。綿100%など天然素材の衣服を身に着け、背中に負担がかからないよう安静に過ごしましょう。

4.背中ニキビを本気で治したい人のスキンケアアイテムの選び方とは

[背中ニキビに効果がある成分を知ろう]

背中ニキビを本気で治したいのであれば、スキンケアアイテムの選び方から見直す必要があります。背中に限らず、ニキビの原因としては「細菌(アクネ菌やマラセチア菌など)」「毛穴の詰まり」「過剰な皮脂分泌」「ホルモンバランスの乱れ」「肌への刺激」などが考えられますが、これらの原因に働きかけたり、治癒を促進させたりする成分を選ぶことが肝心です。
背中ニキビに効果がある成分としては、以下のようなものがあります。

  • グリチルリチン酸ジカリウム:優れた抗炎症作用がある。甘草という植物の根に含まれ、昔から漢方薬にも用いられている。
  • サリチル酸:抗菌作用がある他、古い角質を取り除き、毛穴の中をきれいに掃除する作用もある。皮膚科などにおけるケミカルピーリングにも用いられる。
  • イソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール):殺菌作用と菌の増殖を防ぐ働きがある。皮膚への刺激がほとんどないのが特徴。
  • ビタミンC誘導体:ビタミンCを生体内に吸収されやすい形状にしたもの。強い抗酸化作用があり、肌のターンオーバーを促してニキビの治癒を促進させる。
  • ビタミンE(トコフェロール):抗酸化作用と抗炎症作用を併せ持つ。過酸化脂質の発生を抑える効果もある。

[背中ニキビに悩む人が使うべきスキンケアアイテムの種類]

ニキビ肌のためのスキンケアアイテムと一口に言っても、様々な種類が存在します。背中ニキビに悩む人にとっては、どのようなものを選べば良いのか悩みどころですが、以下のようなポイントを覚えておくと、安心です。

  • 「薬用」もしくは「医学部外品」の表示があること:これらの表示は、薬事法あるいは厚生労働省によって指定された有効成分が含まれていることの証です。厚生労働省の認可を受けなくては表示ができないため、信頼できる目安になります。
  • 肌のタイプに合わせて使い分けること:化粧水やジェル、クリームなど様々なタイプがありますが、皮脂量が多くて常にしっとりしているような肌であれば化粧水やジェルタイプ、乾燥してカサカサしているようであればクリームタイプなど、状態に合わせて使い分けることが大切です。
  • 背中の届きにくい部分にあるニキビにはスプレータイプを:背中にはどうしても手が届きにくい部分があります。また、無理に手で付けようとするとムラになったり、同じ場所ばかりに触れてしまったりすることでニキビが悪化してしまう可能性もあります。スプレータイプの化粧水を使用すれば、まんべんなく行きわたりますし、直接手で触れないので衛生的です。

5.背中ニキビで悩む人のためのスキンケアまとめ

その1:背中は優しく泡で洗うべし!
ゴシゴシ擦りすぎによるダメージは、背中ニキビの大敵です。洗顔する時と同様に、ボディソープをホイップして、泡を乗せるようにして優しく洗い流しましょう。洗う前には湯船にゆっくり浸かっておくと、毛穴の奥深くまで溜まった皮脂汚れが落ちやすくなります。
お湯の温度が熱すぎると刺激となる上に乾燥しやすくなるので、人肌程度のぬるま湯を使うことも大切です。

その2:背中も乾燥に注意し、保湿剤を使うべし!
ニキビができていても、保湿は重要です。水分と油分のバランスがポイントなので、肌の状態に合わせてオイルフリータイプを使ったり、クリームを塗ったりなどスキンケアアイテムを上手に使い分けましょう。
また、冬に着る保温インナーは肌の水分を奪うため、直接身に付けるのではなく、肌に優しい天然素材のインナーの上から重ねて着るようにするのがお勧めです。

その3:背中もしっかり紫外線対策するべし!
盲点になりがちですが、紫外線はニキビの原因や悪化に繋がります。背中ニキビに悩む人は背中の紫外線対策にも気を配らなければなりません。
但し、日焼け止め自体がニキビにとっては刺激となるため、どうしても使う必要がある時には紫外線吸収剤不使用のノンケミカルやオイルフリータイプを選ぶようにしましょう。
紫外線は薄い色ほど透過率が高いという性質があります。背中ニキビに悩む人は、なるべく黒や紺といった濃い色で背中が隠れるような衣服を身に着けるよう心掛け、どうしても薄い色を着たい場合には黒系の日傘やストールを使ってガードしましょう。
紫外線を浴びた後は、クールタイプの化粧水や保冷剤で背中を冷やし、ニキビ肌専用の化粧水をたっぷり付けて保湿することをお忘れなく。
日焼けによる痛みがある場合には、消炎作用のある軟膏やアロエジェル等を塗り、綿100%など天然素材の衣服を身に着けて背中をいたわりましょう。

その4:ニキビに効果のある成分の入ったスキンケアアイテムを使うべし!
背中ニキビに悩む人は、グリチルリチン酸ジカリウムやサリチル酸などニキビに効果のある成分について知り、ニキビ肌に特化したスキンケアアイテムを使うようにしましょう。「薬用」もしくは「医薬部外品」の表示があるもの、直接手で触れずにまんべんなく背中に行きわたるスプレータイプを選ぶのもポイントです。

-未分類

Copyright© にきび治す方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.